「中国人妻」と「日本人妻」はこんなに違う

中国の夫はつらいよ(下)

 日本にとって近くて遠い国、中国――。日本人は、中国や中国人について語るとき、つい画一的なイメージを持ってしまう。しかし、中国人は極めて多様だ。とくに若い世代と古い世代には、価値観に大きな隔たりがある。では、中国人の新世代エリートたちは、何を考え、どんな価値観をもっているのか。現地でのインタビューや鼎談などを通じて、キャリアから政治から恋愛まで今時の中国人の本音を探る。

 

中国の都市部の「強い」女性たちは、結婚生活についてどう考えているのか。以前、この連載で、30代で2人の子持ちの女社長や大手企業でディレクターを務めるディンクスの女性などに結婚生活を語ってもらったことがあった。

(関連記事:中国人エリート女性のホンネ鼎談<><><>)

彼女たちは夫も一流企業勤めで、中国では成功したエリートカップルだ。しかし本音では、「社会にも結婚生活にも『安全感』がない」とぼやく。稼ぎはよいが競争はその分猛烈に厳しい。「特色ある社会主義国」において、せっかく貯めた財産がどこまで保障されるのかという不安もある。今の世の中は誘惑も多い。妊娠2カ月の新婚女性社長は最近、夫の接待が多くなってきたことにくぎをささなくちゃいけないと気をもんでいた。

彼女たちは言う。「経済的に独立していないと、損をするのは女性のほうだから」と。「強い」女性の背景には、強くならざるを得ない社会の厳しい現実がある。

もっとも、夫婦とはよくできたもので、強い奥さんの夫はたいてい、穏やでやさしい男性であることが多い。中国のトレンディドラマに出てくる新婚カップルなどがまさにそうで、会社でバリバリ活躍する奥さんに、ちょっと気の弱そうなエリート男性が振り回されつつ、夫婦のありさまを模索するというのがイマドキのテーマだ。では、実際の現実社会で、そんな強い女性を奥さんに持った中国のエリート男性は、どう思っているのだろうか。3人の男性に、それぞれ本音のところを聞いてみた。

※その1:強い奥さんを持つ、中国エリート男子の嘆き

※その2:中国の成功した男は、なぜ愛人を囲うのか

許弘(仮名):45歳。東北地方出身、文筆家。1990年代に日本人留学生の女性と縁あって結婚するも12年前に死別。前妻との間に子はなし。3年前、人の紹介で15歳年下の中国人女性と再婚。現在2歳になる息子と家族3人で北京郊外の別荘暮らし。
※今回、話をうかがった許さんの奥さんは、元英語教師で現在は専業主婦。バリバリのエリート女性とは少々違うのだが、実は中国でも特に「強い」ことで知られる上海女性だ。加えて許さんは日本人女性とも結婚経験があるということで、日中の奥さんの違いについて聞いてみた。場所は北京郊外にある瀟洒な洋館風ご自宅の20畳はありそうな書斎で、奥さんも同席しての取材となった。

 

――ずばり日中で奥さんは違うと思いますか?

:違いはけっこう多いですね。たとえば日本人の奥さんは、夫の仕事のことにはあまり干渉しない。「勝手にやって」という感じで、夫が会社でいじめられたり、何かトラブルにまきこまれていたとしても、奥さんが会社まで行って、上司と闘ったりしないでしょう。

――しません! しません!

:でも中国の奥さんは夫が会社でいじめられたら、夫のことを気にして、同じように怒ったり不満を共有してくれたり、あるいは夫の後ろ盾になって一緒に戦ってくれたりする。中には会社まで乗り込んでいく人もいる。

――中国の女性はなんでそんなに夫の仕事に干渉するのかなと思っていたのですが……。

許さんの妻(以下、妻):中国では女性が解放され、「天の半分を支える」と言われます。このため中国の女性は外に働きに出るようになり、家庭のことについても主張するようになりました。加えて夫の出世のサポートにも熱心です。

たとえば私は上海出身ですが、上海人の妻は、夫の職場の上司に心付けをたくさん贈るなどして、夫の昇進を助けようとします。そういう賢い奥さんをもらうことは夫にとって鼻の高いことですし、妻にとっても夫の出世の役に立てるというのはうれしいことなのです。

次ページ妻からのプレッシャーで潰れる夫
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。