中国の成功した男は、なぜ愛人を囲うのか

中国の夫はつらいよ(中)

 日本にとって近くて遠い国、中国――。日本人は、中国や中国人について語るとき、つい画一的なイメージを持ってしまう。しかし、中国人は極めて多様だ。特に若い世代と古い世代には、価値観に大きな隔たりがある。では、中国人の新世代エリートたちは、何を考え、どんな価値観をもっているのか。現地でのイ ンタビューや鼎談などを通じて、キャリアから政治から恋愛まで今どきの中国人の本音を探る。
(写真:AP/アフロ)

中国の都市部の「強い」女性たちは、結婚生活についてどう考えているのか。以前、この連載で、30代で2人の子持ちの女社長や大手企業でディレクターを務めるディンクスの女性などに結婚生活を語ってもらったことがあった。

彼女たちは夫も一流企業勤めで、中国では成功したエリートカップルだ。しかし本音では、「社会にも結婚生活にも『安全感』がない」とぼやく。稼ぎはよいが競争はその分、猛烈に厳しい。「特色ある社会主義国」において、せっかく貯めた財産がどこまで保障されるのかという不安もある。今の世の中は誘惑も多い。妊娠2カ月の新婚女性社長は最近、夫の接待が多くなってきたことにくぎを刺さなくちゃいけないと気をもんでいた。

彼女たちは言う。「経済的に独立していないと、損をするのは女性のほうだから」と。「強い」女性の背景には、強くならざるをえない社会の厳しい現実がある。

もっとも、夫婦とはよくできたもので、強い奥さんの夫はたいてい、穏やかでやさしい男性であることが多い。中国のトレンディドラマに出てくる新婚カップルなどがまさにそうで、会社でバリバリ活躍する奥さんに、ちょっと気の弱そうなエリート男性が振り回されつつ、夫婦のありさまを模索するというのがイマドキのテーマだ。では、実際の現実社会で、そんな強い女性を奥さんに持った中国のエリート男性は、どう思っているのだろうか。3人の男性に、それぞれ本音のところを聞いてみた。

※その1:強い奥さんを持つ、中国エリート男子の嘆き

沈建宏(仮名):38歳。北京出身。不動産業界勤務。日本で留学&仕事経験あり。5歳下の奥さんは山東省出身、外資系メーカー勤務のキャリアウーマン。一人息子は今年9月に小学校にあがる。
※沈さんの取材には、沈さんと10年来の付き合いという日本人ご夫婦が同席し、飲みながらのにぎやかな会となった。

 

――さっそくですが、強い奥さんを持った中国人エリート男性に、結婚生活の本音をいろいろお伺いしているところなのです。

:いいよ、なんでも聞いて。でもうちの奥さんは強いというよりきつい。「きつい」もいろいろだけれど、特に言い方が強烈にきつい。不満があるとギャーッとなって大騒ぎになる。もう少し軟らか~く言ってくれないかなと思う。

――たとえば、どんなときに?

:子供が言うことをきかなくて、強くしかったりすると、妻は「なんでそんなしかり方するの!」と、子供の目の前で、大声で怒鳴り始める。これでは僕のメンツは丸潰れだし、父親としての威厳などあったものではない。そのうえ、彼女が子供をしかるときは、僕以上にきついし、理不尽だったりする。

――そういう女性、中国にはけっこう多いような……?

:まあまあ多いでしょうね。昔の中国はこんなじゃなかったと思うんだけれど、女性の地位が向上したらそうなった。

女性は偉大ですよ。子供を生んで育てて、すばらしいです。でも「なにもそんなに大声でどならなくても!」と思うわけです。僕は北京の出身で、どちらかというと考え方が封建的だから、女性はもう少し優しくあるべきだと思ってしまいます。

友人夫:沈さんとは、彼が独身のときからの付き合いなんだけれど、彼が結婚するとき、このやさしい沈さんがあんなに強い女性と一緒になって大丈夫かという人もいましたね。

次ページ脂ぎって腹黒いほうがモテる
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。