中国人女性が語る、「夫の浮気を防ぐ」術

中国人エリート女性のホンネ鼎談(下)

 日本にとって近くて遠い国、中国――。日本人は、中国や中国人について語るとき、つい画一的なイメージを持ってしまう。しかし、中国人は極めて多様だ。とくに若い世代と古い世代には、価値観に大きな隔たりがある。
 では、中国人の新世代エリートたちは、今どんなことを考え、どんな価値観をもっているのか。現地でのインタビューや鼎談などを通じて、キャリアから政治から恋愛まで、今時の中国人の本音を探る。
カラオケなどの接待で誘惑の多い中国。どう夫の浮気を防ぐかに、妻の手腕が問われる(写真:Photoshot/アフロ)

 ※ 過去の鼎談はこちら:

中国のキャリアウーマンは、つらいよ

日本の奥さんはCFO、中国の奥さんはCEO

中国は日本に比べて「男女平等」とよく言われる。実際、結婚や出産後も女性が働き続けるのは当たり前。管理職の女性比率も日本より高い。

ただし、中国においても、女性が仕事とプライベートを両立させるのは大変だ。今回は、3人の中国人エリート女性たちに、恋愛・結婚・キャリア事情などをざっくばらんに語ってもらった。

<対談者プロフィール>
魯悦:1976年生まれ、北京市出身。イギリスに留学経験あり。イベント会社を経営し、傘下にバーやレストランを所有する。北京出身の夫は国営のエネルギー会社勤務。昨年末に結婚し、妊娠2カ月。
劉陽:1973年生まれ、重慶市出身。カナダで留学と仕事をした経験あり。広告会社のブランディングディレクター。広州出身の夫は金融業界勤務。結婚9年目で子供はなし。
陳雪:1979年生まれ、四川省出身。アメリカの永住権を取得するも、6年前に帰国、中国でファッション系サイトを創業し、現在は社員100人以上を抱える規模に発展。アメリカ華僑の夫は会計士。結婚7年目で1歳と4歳の息子を持つ。義両親を北京に呼び寄せ同居中。

 70年代生まれの男はカネを使わない

――みなさんの家庭では、家計はどうやって管理しています?

魯悦:私の周りでは、「共同の財布」方式という夫婦が多いわね。2人で同じ口座におカネを入れて、それを一緒に使うの。

劉陽:うちはそれだわ。

陳雪:私のところでは、夫は自分の生活費を自分の給料から賄って、残りは全部貯金している。私はそれにはノータッチ。それで私のほうは、自分の生活費以外に、子供にかかる費用を基本的に全部、出しているわ。

――中国では珍しいですよね?

陳雪:そうかもしれない。でも私のほうが稼いでいるし、夫は無駄遣いする人ではないと信じているから。彼が使うおカネといっても、せいぜい私にチョコレートを買ってくるくらい。ブランド品もいっさい買ったことないのよ。

魯悦:え~、すごくいいだんなさんじゃない!?

――中国ではこういう夫は少ない?

陳雪:年代にもよるんじゃないかな。70年代生まれの男性って、あんまりおカネを使わないと思う。彼は海外生活が長かったけど、全然、おカネ使わないの。

魯悦:私は海外に出る前はほとんどおカネを使わなかったけど、海外でおカネ使う生活を知ってからはだめね。

陳雪:私なんてずっと使いまくり。実は買い物依存症なの。家にはあらゆる物があふれているわ。でも今は10個買って帰ってきたら、9個は返品するようにしているし、ブランド品はあまり買わないようにしているの。

――だんなさんはそれについてどういう反応を?

陳雪:「君は買い物が多すぎる」って言い続けている。以前にアメリカから10箱分買って帰ってきたときには、さすがにキレたけど、私も「自分のカネで買って何が悪い」ってキレ返して、大げんかになった。だって彼のおカネは1円も使ってないのよ。文句言う筋合いはないわ。

魯悦:私のだんなは結婚する前に、給料口座の銀行カードを私に渡して、自分の財務状況を全部話してくれたわ。

劉陽:それは絶対、結婚して正解だわ!

次ページ中国人男性が最も恐れていること
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。