なぜ「すごすぎる母」ばかり、記事になるのか

「ワーキングマザー・サバイバル」最大の謎

すごすぎる母ばかり、なぜ取り上げるのか?(写真:アフロ)
この連載開始から1年強、「ワーキングマザー・サバイバル」を加筆し、『凄母(すごはは)』(東洋経済新報社)という書籍になりました。
そこで今回は本の発売を記念して、読者の方からも最も多く寄せられる「ある疑問」について、取り上げます。いったい、読者の方の疑問とは、またそれへの筆者の答えとは?

「ワーキングマザー・サバイバル」には、どうしてすごすぎるママさん社員ばっかり出てくるんですか?

当連載が始まって1年半弱――。私が読者の皆さんや知人・友人から、最もよく聞かれた質問だ。確かに、当連載には「すごすぎる母」、略して「凄母(すごはは)」たちが、続々と登場する。

2児の母親でありながら、出世競争が激しいことで有名なリクルートで事業部長にまで上り詰めた人……。40歳過ぎで、子どもがいながら、ほとんどすべての日本女性が働いてみたいと思う資生堂に入社し、海外マーケティングの仕事で世界中を飛び回る人……。

しかも、その華麗なキャリアや両立のワザもさることながら、皆さん、母親になっても美容も手抜かりないのだろう。美しい人ばかりだ。

パワフルすぎる『凄母(すご母)』を、追い続けるのはなぜか?

確かに、どのマザーも「すごすぎる」。

読者の皆さんが、「世のワーキングマザーはもっと普通ですよ」「なんで、普通のワーママを取り上げないの?」「どの方もすごすぎて、正直、引きます」と、いぶかるのはごもっともだと思う。

だが、結論から言うと、当連載は意図的にすごいワーキングマザーばかりを“選抜”しているわけではない(そもそも、そんな偉そうなことができる立場にない)。筆者である私や、担当編集者である吉川さんも、当連載を「凄母限定」にする意図など何もない。

では、どうして、すごいママ社員ばかりが登場するのか?

企業側が考える、ワーママ問題

それは、ズバリ言って、企業側の意向だと思う。

われわれが、当連載にご登場いただくワーキングマザーを探す手法は、基本的に、極めてオーソドックスだ。普通に、企業の広報に電話して(代表番号からつないでもらう場合も多々ある)、連載の趣旨をお伝えし、当該者を探していただくのだ。そうして、取材していったのが、当連載にご御登場いただいたワーキングマザーたちだ。

一般的に、企業の広報は、その企業が発信したいメッセージを伝達するのが仕事だ。ということは、今、日本の企業は、ここ数年、加速度的に増えるワーキングマザー社員たちに、当連載に登場するような「凄母」のようになってほしいのではないか――。

われわれは、そう感じている。

次ページ個々人の努力でがんばれ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。