まずは自分に注目せよ!本質直観のすすめ

哲学の方法をマーケティングに取り入れるということ

哲学とビジネスに共通する問題とは?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

近年注目されるソーシャルメディアや時事問題に始まり、経営学の基本的な考え方まで、1年にわたって、この連載では経営学の話題を提供してきた。

その中に貫徹する主張はあっただろうか。思い返せば、それはつまるところ「当たり前や常識を疑う術を身に付けよう」ということだったかもしれない。

最後に改めて提示したいのは、「本質直観」というアイデア、このところまとめたいと思っていたテーマだ。

きっかけは、たまたま読んだ『はじめての哲学史』(竹田青嗣/西研・編)という教科書だった。およそ経営学とは関係なさそうなタイトルだが、面白い一節があった。「哲学というものは、直観補強型思考ではなく、直観検証型思考だ」というくだりである。

いわく、哲学では、主観と客観の一致をどう実現するのかが議論されてきた。自分の独断的な思いである主観を、どうすれば客観的で正しいといえるのかと。映画『マトリックス』ではないが、今自分が見ている世界が幻想や作り物ではないと確認することは、とても難しい。

これは、ビジネスにも共通する問題だと思う。たとえばあるとき、どうも機能性飲料に新しい需要があるらしいと気づく。さて、どのようにすれば、自分のこの思いが正しいかどうかを確認できるのだろうか。

次ページ何かを気づいてしまった「自分」に注目することから
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。