世界から「特別扱い」される人が育つ仕組み

スタンフォードでは、仕組みを作って合理的に褒める(後編)

褒められるべき日々は、卒業後も続く

さて、前回(必要条件「ガリ勉」を満たしたら、次は?-スタンフォードでは、仕組みを作って合理的に褒める:前編)はアメリカの大学が、いかに優秀な学生を褒めるか、そしていかに特別扱いしているかを、一部スタンフォードの例なども挙げながら紹介した。

卒業に際して優秀な学生に「称号」を贈ったり、上級の講義タイトルに「名誉」を意味する「Honors」がくっついていたり、特別な卒業論文プログラムを用意していたり。

褒められることによって、もっと褒められたくなる、そんな学生の思いを向学心につなげるための仕組みが、ここにはあるのだ。

そして、今回はその続きを、学者になってからのことも交えながら、さらにお話ししていきたい。

著者撮影:恩師であり現在は同僚でもあるアルヴィン・ロス先生(左から2番目)のノーベル賞受賞記者会見@スタンフォードにて

学者になってからの賞にもいろいろとあって、中でも有名なのは、やはりノーベル賞だろう。

だが、そのほかにも大小、実にさまざまな賞があるのは、研究者のことをなんとか褒めてやって、業績を上げさせようということか。ほとんど、必死なようにさえ思う。

僕もこの間、スローンフェローシップという賞をもらったのだけど(読者のみなさんはたぶん聞いたこともないのではないかと思う)、それが結構みんなに褒められた。

次ページ褒め方が、また凄まじい
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。