メディアを襲う"破壊的イノベーション"

読者・視聴者を3分の1失ったアメリカの報道機関

 「米国のニュース・ビジネスは崩壊した」
 米調査機関ピュー・リサーチ・センターのリサーチャーは今年7月末、こう指摘した。名門新聞ワシントン・ポストが、インターネット長者ジェフ・ベゾス氏に身売りする直前だ。
 米国人が伝統的にニュース源としてきたのが、新聞、ローカルテレビのニュース番組、CNNなどのケーブル・ニュース局の御三家。ところが、新聞は広告収入の減少で、従来のビジネスモデルが崩壊。ローカルのニュース番組は、若者離れが目立ち、視聴者数が減少。ケーブル・ニュースも視聴者が頭打ちと、3つそろって、下落傾向に突入した。
 2012年、米国のニュースの担い手は、追い詰められた。
(企画プロデュース、取材協力 : 小島健太郎 Kentaro Kojima )
ワシントン・ポストを訪れたジェフ・ベゾス。発行人のキャサリン・ウェイマス(写真右)など、多数のポスト社員と懇親した(撮影:Bloomberg)

「稼ぐだけでは十分じゃない。成長がなければ」

「すべてのビジネスは、永遠に若くなくてはならない。顧客の年齢層があんたたちと一緒に年取っていくようでは、企業はウルワース(米国初のディスカウントストアだったが現在は消滅)だ」

「ルール、ナンバーワンはこうだ。(物事を)つまらないと思うな」

9月3、4日の両日、あと1カ月で米紙ワシントン・ポストのオーナーとなるジェフ・ベゾス氏(アマゾン創業者兼最高経営責任者=CEO)が、ポストを初めて訪問。記者や編集者とのミーティングに臨み、ポスト経営のビジョンを語った。

ポスト記者は早速ミーティングについて報じた。ベゾス氏は、ポストの成功は、新聞でニュースを何本も読む癖を、読者につけることができるかにかかっていると何度も強調。あわせて、デジタル版では、複数の記事を集めた「バンドル(束)」を提供し、それに課金するという案も示した。たまにウェブサイトに来て、1本しか記事を読まない読者は、購読料を払うつもりはないからだ。

「僕らは皆、どうしたら変われるのか、何がポストの次の黄金時代を生むのか、広い視野で考えなくてはならない」(ベゾス氏)。

同氏が生まれる前の1963年からポストで働くベテラン記者が、質問した。

「国内海外にもっと支局を持っていた黄金時代に戻れるのか」

ベゾス氏はこう断じた。

「黄金時代にいくつ支局があったかなんて、知らない。過去に後退することはできない。企業が滅亡する予兆は、過去がどんなによかったとしても、それを美化することだ」

ポスト記者らとのやり取りで、ベゾス氏は間違いなく新聞業界の「ディスラプター(disruptor)=破壊者」であることをみせつけた。

新聞ビジネスの知識はなく、「破壊者」として登場したベゾス氏が、「ホワイト・ナイト(救済者)」であるかどうかはまったく不透明だ。しかし、米国では、名門新聞社が、破壊者にさえ「身売り」する時代が到来した。米国の報道機関はどこまでの窮状にあえいでいるのか。

 
次ページ3人に1人がニュース離れ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。