カメラファンの祭典で発見!「神レンズ」7選

横浜で開催「CP+2017」で凄かったモノたち

魚眼がすごい! インタニヤ「Entaniya Fisheye 250 MFT」。焦点距離は、2.3mm、3.0mm、3.6mmの3製品から選べる(写真:永山 昌克)

交換レンズが数多く出品されたCP+2017にて

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

カメラと写真映像のイベントCP+2017が、2月23日~24日にかけてパシフィコ横浜で開催された。今年も見どころ満載だった本イベントだが、特に注目は一眼レフやミラーレス用の交換レンズが数多く出品されたこと。今回は、各社の技術の粋が詰め込まれた神レンズ7本を紹介しよう。

1. ボケがすごい! ソニー「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」

ソニー「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」。フルサイズをカバーするEマウントレンズ。AFに対応し、レンズ内手ブレ補正も内蔵している(写真:永山 昌克)

レンズ内に「アポダイゼーション(APD)光学エレメント」と呼ばれる特殊なフィルターを組み込むことで、理想的なボケを表現できる単焦点の中望遠レンズ。

特に、点光源をアウトフォーカスで捉えた際に生じる玉ボケの描写が美しい。一般的な玉ボケは濃度が均一でくっきりとした円形になるが、本レンズではボケの中央に芯を残しつつ、周辺に向かってなだらかにぼやけていく。しかもボケの一部が欠ける口径食も見られない。

次ページミラーレス用のAFレンズとして
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。