就活生注目!実は部品会社の営業は魅力的だ

BtoB企業には隠れた優良企業が多い

精密機械などで使われるミニチュアベアリング。こうしたBtoB向けの部品を作る企業では、どんな仕事をしているのだろうか (撮影:梅谷秀司)

就職活動をする学生向けのキャリア指導でよく耳にするのは、「人気企業イコール優良企業ではありません。社名がよく知られていないBtoB企業の中に、優良企業がたくさんあります」という言葉だ。

知名度の低いBtoBに優良企業あり

BtoB(Business to Business)とは、企業が企業を相手に、自社の製品やサービスを提供するビジネスの形のこと。例年行われている「人気企業ランキング」を見てみると、一般の消費者向けに直接、モノやサービスを提供しているBtoC(Business to Consumer)企業がほとんどで、確かにBtoB企業は目立たない存在だ。特にBtoBのメーカーにもなると、その知名度はさらに下がる。

しかし、BtoBのメーカーには、日本の製造業の発展を支え、ある特定の製品分野では、「シェア世界一」という称号や「その企業にしかできない技術」を持つ企業が多い。ものづくりニッポンの真の主役といえるだろう。

では、BtoBメーカーではどんな仕事をしているのだろうか? 理系学生などは、研究分野でBtoBメーカーがつくった機械や部品を使っていれば馴染みもあり、イメージが沸くかもしれない。しかし、文系学生はそうはいかない。さらに、「BtoBメーカーの営業」となると、ただモノを売るだけではない何かがあるかもしれない、と考えてしまうだろう。

次ページキツい営業ノルマはない?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。