うんざり!「紋切り型」就活トークは通じない

人事担当者が就活生に贈る事前アドバイス

「求める人物像」には書かれていない、採用担当者が本音で就活生に準備してもらいたいこととは? (写真:ふじよ / PIXTA)

就職活動とは、学生が企業を選び、企業からも「将来が楽しみな人材」として選んでもらうことである。しかし、企業から選んでもらうための具体的な指針は、ほとんどない。

3月までに学生が準備しておくべきこと

多くの企業は採用ホームページで”求める人物像”を明言しているが、「コミュニケーション能力」「チャレンジ精神」「誠実で前向き」「論理的思考能力」「好奇心と向上心」など、どれも表現が抽象的だ。企業が公式に使う言葉はきれいだから、中身が見えてこない。だが、企業の採用担当者は、本音では就活生にいろいろなことを期待している。

そこで今回、HR総研が2016年11月に実施した、「2017年新卒採用最新動向調査」から、企業の採用担当者向けに聞いた「3月までに学生が準備しておくべきこと、やっておくべきこと」を紹介していきたい。採用担当者がどんな姿勢で学生に来てもらいたいかが見えてくるだろう。

コメントを見ると、学生に3月までに準備してもらいたいもので最も多かったのが、「自己分析」だ。

次ページ自己分析を求める声が多数
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。