SMAPの新たな「ベスト盤」は発売できるのか

解散後もレコード会社に残る権利とは?

SMAPのベストアルバムの告知(画像:ビクターエンターテインメントのウェブページより)

昨年末に解散した国民的アイドルグループ「SMAP」のデビュー25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(ビクターエンタテインメント)が売れに売れている。解散直前の昨年12月21日に発売されてから、今年1月10日までの約3週間で、売上枚数が100万枚を超えた。

このアルバムは、過去のシングル、アルバムなどに収録された400曲以上の候補から、ファン投票で選ばれた50曲が収録されている。投票1位の『STAY』のほか、『世界に一つだけの花』『夜空ノムコウ』など、ミリオンヒットした曲も入っている。

惜しまれながらも解散したSMAPは、ファンの間でメンバーの「不仲説」も流れた。もし仮に、元メンバーが今後、CDの販売停止を求めたら、法的にどうなるのだろうか。また、レコード会社はグループ解散後も新しい「ベストアルバム」を発売し続けることができるのか。エンターテインメントの法律にくわしい佐藤大和弁護士に聞いた。

元メンバーが「販売停止」を求めても基本的に難しい

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「アーティストは通常、直接または所属するプロダクションを通して、レコード会社とCDを作り、販売するための契約をします。

その契約で一般的に、アーティスト側は、レコード会社側に対して、歌唱などの実演やジャケットの肖像などCDに関わる権利を譲渡しています。

そのため、たとえばSMAPのようにグループが解散しても、レコード会社がCDに関する権利をすべて有している場合、レコード会社はグループ解散後も、自由にCDを販売したり、配信したりすることができます」

次ページアーティストとレコード会社の権利とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。