出光興産創業者は、一体どこが凄かったのか

「海賊とよばれた男」監督から見た出光佐三

――資料を調べてみて感じたことは?

やはり、あの時代にそれをやるのは尋常じゃないなと。僕自身、「日章丸事件」を知らなかったんですが、そのことを知れば知るほどに、あの時代に彼らがやり遂げた、ということが尋常じゃないなと思いますね。そしてそれを日本人がもろ手をあげて歓迎したというのが、ある種の復讐戦だったのかなとも思いつつ、よくぞよくぞ決意したなと思いました。

――国岡鐡造のモデルでもある出光佐三の生きざまはビジネスパーソンにも感じるところがあるんじゃないでしょうか。

彼は企画の人だと思うんです。もちろん人間味もあるし、みんなのことを常に意識してくれたというすばらしさもあったんだろうと思うんですが、企画の力が素晴らしかったからこそ、従業員もついてきたんじゃないかと思う。いつも困った時に驚くべき打開策を出してくれるんですよね。危険なこともありますが(笑)。しかし石油メジャーから石油の輸入ルートを遮断されて窮地に陥った時に、日章丸(作品では「日承丸」)をイギリスとの関係が悪化していたイランのアバダンに送ろうという考えは、非常に優れた企画だったんだと思うんです。

出光佐三は驚くべき打開策を出す企画の人

男性ばかりのキャストの中で国岡鐡造の妻・ユキ役を演じる綾瀬はるか ©2016「海賊とよばれた男」製作委員会 ©百田尚樹/講談社

――劇中でも、鐡造の考えることはばくちだ、というようなセリフがありました。

どんなことをしてでも安い石油を集めれば勝ちじゃないかという鐡造の考えには、店員の側としては、いくらなんでもと思ってしまう。でも、そうは思いながらも、心のどこかでは、それは面白いかもという気持ちもある。そういう感覚は、映画作りでも似たようなところがあるんですよ。すごく難しい題材で、この予算ではやれない、というようなものであっても、企画が面白かったら頑張ってしまうというか。だから自分としても、スタッフが仕事に対して、面白いと思って参加してくれるようなものをやっていきたいなと思っているんですよね。

――スタッフを束ねるという意味では、山崎監督も。店主の鐡造に近いところがあるのでは?

アメリカでは、VFXの人を扱うのは「猫の放牧」だと言われているんです。みんな好き勝手なところに行くから、大きな囲いを作って、猫を放牧しているくらいの気持ちじゃないとVFXプロダクションのマネジメントはできないといわれているんです。まさにその通りで、みんな好き勝手なことをやってしまうので、みんなに「こっちだよ」と言いながら、ある場所に連れていくことがVFXプロダクションを仕切るということだと思います。ただ、それはスーパバイザーの渋谷(紀世子)という女性がいて。これがなかなか優秀な“猫使い”なんですよ。だから僕は夢を語っていればいいんです。

――その夢を語る際には、目標をどれくらいのレベルに設定するのでしょうか。

やや実行不可能なミッションくらいのことを言う方が燃えますよね。できる範囲だとつまらないですね。それは量だったり、今まで挑戦していないテクニックだったりと、そういう無理難題をオーダーされると燃えます。自分が技術者だった時がそうだったんですよ。「ちょっと無理かもしれないな」ということを匂わせられると、燃えてくる。

次ページVFXの質の底上げをはかる
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。