「選手視点の中継」というスポーツの大革命

仮想現実はスポーツをどう変えるか?

ICTの活用でスポーツの世界はどう変わるのでしょうか(写真 :Graphs / PIXTA)
自宅にいながら、あたかも自分がプロ選手としてプレーしているような感覚で楽しめるスポーツ観戦、そして選手が効率的に競技レベルを上げることができるトレーニング。VR(仮想現実)をはじめとするICTの活用でスポーツの世界が変わりつつある。
ICT・メディア市場の5年後までを占う『ITナビゲーター2017年版』の筆者がスポーツの楽しみ方、トレーニング方法の近未来を展望する。 

スポーツ観戦のスタイルが変わる

『ITナビゲーター2017年版』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

自宅でプロ野球を観戦するため、インターネット経由での放送を大画面テレビに映す。

マウンドには日本ハムファイターズの大谷翔平投手。カウントは1ボール2ストライク。決め球として投げたボールはストレート、結果は三振。スピードガンは日本最速記録を更新する165km/hを表示した。

そこで画面を止め、横にあるVRヘッドセットを装着する。

目を開けるとそこにはマウンドに立つ大谷投手が映る。しかし、先ほどテレビで見た映像とは違う。大谷投手はマウンドから鋭い目でこちらを見ている。目の前には手に握ったバットがあり、視線を横に移すと観客で埋まったスタンドが映る。マウンドの大谷選手に目を戻す。大谷投手が始動しその右腕を振ってボールを投げてくる。しかしボールは見えない。視線を移すと、そこにはキャッチャーミットに包まれたボールがあった。

手に持ったスマートフォンを操作し、映像を巻き戻して、大谷投手の165km/hを再び体験することを試みる。2度目の体験、投じられたボールが瞬く間にキャッチャーミットに吸い込まれる。

ヘッドセットを装着したまま、映像を切り替える。今度もマウンドに立つ大谷投手が映る。ただ、先ほどとは異なり、視点はかがんだ低い位置にあり、左横には打者が立っている。大谷投手が始動し右腕を振ると、恐ろしいスピードでボールが自分に向かってくる。思わずのけぞり、目を閉じる。一呼吸置き、ゆっくりと目を開けると、目の前にはキャッチャーミットとそれに収まったボールがある。

次ページスポーツ関連市場を発展させていくには
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。