なぜ楽天はFCバルセロナに257億円払うのか

来季からはメッシ選手の胸にも「RAKUTEN」

11月16日の記者会見にて。FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長(左)と楽天の三木谷浩史社長(筆者撮影)

やってきました!サッカーの聖地「カンプ・ノウ」。

メッシ、ネイマール、スアレス――。綺羅星のごときスター選手を擁するFCバルセロナの本拠地である。

11月16日、日本のインターネットサービス大手である楽天は、このFCバルセロナと「グローバルメインパートナー」契約を結んだ。次のシーズン、つまり2017/18年シーズンから4年間(楽天が望んだ場合は5年間に延長可能)、世界一有名な赤と紫の縦縞ユニホームの胸に「RAKUTEN」の文字が躍ることになる。楽天は4年間で257億円を拠出する契約だ。

現地時間の午後2時、カンプ・ノウに設営された記者会見場は、地元や国外のメディアでごった返していた。

アリババやアマゾンは噂になっていたが・・・

どこから漏れたのだろうか、会見が始まる数時間前から、ネット上では「日本の楽天がFCバルセロナのメインスポンサーに」のニュースが飛び交っている。

FC バルセロナが新しいスポンサーを探していることは周知の事実だったが、ネットやスポーツ紙に浮上していたのは中国の「アリババ」や米「アマゾン・ドット・コム」で、楽天の名前はなかった。

「バルサ(FCバルセロナの愛称)の新スポンサーは、スペイン人なら誰もが知りたがる。当日まで情報が漏れなかったのが奇跡だ」――記者会見を前に地元メディアの記者は興奮した様子でまくしたてていた。

登壇者はバルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と楽天の三木谷浩史社長。2人にはそれぞれ個別にインタビューをしたので「バルサと楽天がなぜ互いをパートナーに選んだか」については後段で。まずは、この機に乗じてなんとかバルサの情報を引き出そうとする地元メディアと登壇者の迫真のQ&Aをご紹介したい。

次ページもしメッシがバルサを去ったら?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。