セルジオ越後、アジアで苦戦のJリーグ勢に喝

中国の台頭にビビるようでは世界で勝てない

日本で開催された準決勝第2試合で応援する中国・広州恒大チームのサポーターたち。ガンバ大阪と引き分けたが、第1戦との合計スコアで勝った(写真:新華社/アフロ)
今回の「日本サッカーの問題点を聞く」は、Jリーグ勢の戦力低下についてだ。10月21日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝第2戦が行われ、ガンバ大阪は中国の広州恒大と引き分けたが、2戦合計で敗退という結果となった。アジアは中国、東南アジアのチームがメキメキと力をつけている。日本代表が中国やタイに敗れる日も近いのか。

ーーACLでは2007年に浦和レッズ、2008年にガンバ大阪が優勝したのを最後に、Jリーグ勢のACLでの苦戦が続いています。この現状をどう感じていますか?

Jリーグのクラブが2年連続してアジア王者になったことで、まず目の色を変えてきたのが韓国のKリーグ勢でした。「打倒・Jリーグ勢」を掲げ、闘志をぶつけてきた彼らにJリーグ勢は苦杯をなめさせられ、2009年、2010年はKリーグのチームが続けてACLを制しましたよね。

資金力でビッグクラブに成長した広州恒大

ちょうどその頃から、日本代表クラスの選手たちが次々とヨーロッパのクラブに移籍するようになり、Jリーグ全体の戦力が低下していった。一方、その時期からサッカーに莫大な資金を注ぎ込むようになったのが中国のクラブです。金満オーナーのバックアップを得てビッグクラブ化していきました。

その代表的な存在が、前ブラジル代表監督のフェリペ・スコラーリが指揮を執り、現役ブラジル代表のロビーニョやパウリーニョを抱える広州恒大ですね。広州恒大には2012年にFC東京、2013年には柏レイソル、2014年にはセレッソ大阪、2015年にはレイソルとガンバが、決勝トーナメントで敗れています。

――中国では広州恒大に限らず、多くのクラブが財政面で潤っていますよね。サッカー愛好家でもある習近平主席のもと、国家施策としてサッカーの発展・強化を掲げてもいます。

そうなんです。「中国でワールドカップを開催する」「中国代表がワールドカップで優勝する」ことを目標に、国家として資金をサポートし、小中学校でのサッカーの普及や専用スタジアムの建設に力を注ぎ、企業にもサッカーに積極的に投資するよう呼びかけています。

次ページタイで多くの日本人選手が活躍
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。