小泉進次郎のイメージは、なぜ緑なのか?

選挙の勝者と敗者は何で決まるのか(下)

プランニングで勝敗は決する(昨年11月衆院解散を受け自民党で、撮影:梅谷 秀司)

前回のコラムでは、選挙プランナーの役割の概要について説明しましたが、今回のコラムでは、その中身について具体的に見ていきます。

「候補者がどれだけ認知されているか」を密かに調査

選挙でもビジネスでも、戦略を立てる上で詳細なデータは必要不可欠です。
実際のデータに基づいた戦略なくして、ただやみくもに活動していては、得られる効果が小さく、時間と資金のムダづかいになってしまいます。限られた時間と資金を何に投入するかを決めるために、データに基づく綿密な戦略作りが大切です。

調査をする事項としては、候補者の認知度、地域別支持率、世代別支持率、政党支持率、政策関心度等が重要になります。

まず、候補者が現時点で有権者にどれだけ認知されているかは、最も重要なデータです。候補者個人を全く知らなくても、政党の名前だけで投票する有権者もある程度はいるとしても、やはり候補者個人の認知度が低いままでは、多くの票を獲得することは困難です。よって、もし候補者の認知度があまりにも低い場合には、他のあらゆる活動に先立ち、駅立ちで意識的に名前を連呼したり、名前と顔が目立つビラを全戸にポスティングする等、候補者の認知度を高めるための活動に専念することになります。

次ページ大事なものどうしの優先順位をどうつけるか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。