選挙の勝者と敗者は何で決まるのか(上)

いよいよ「血を流さない戦争」開始まで、3週間弱

選挙の勝敗を分けるものは何なのか(撮影:尾形 文繁)

皆さんは「選挙プランナー」という存在をご存じでしょうか? 「血を流さない戦争」である選挙。その選挙を「戦略」で支える存在が、選挙プランナーです。

7月4日予定の参院選公示まであと3週間を切り、各陣営の戦いが過熱する中、参謀として候補者を勝利へと導く選挙プランナーは欠かせない存在です。今回のコラムと次回のコラムでは、そんな選挙プランナーや、選挙プランを練る際の構図についてご紹介します(ちなみに、読者に大好評だった小泉進次郎氏の分析については、こちら→「小泉進次郎は、一段とすごい政治家になれる」「小泉進次郎の言葉はなぜ人を引き付けるのか」をぜひご覧下さい)。

選挙プランナーの役割とは?

選挙プランナーの主な役割は、次のとおりです。

・選挙区の情勢調査

・イメージ戦略の構築

・活動スケジュールおよび準備スケジュールの作成

また、場合により、次のような役割も担当することがあります。

・政策の作成

・演説の指導

・ビラ・HP・グッズなどの作成

・後援組織の拡大

次ページ選挙を決める、一つ一つの要素を見ていこう
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。