ももいろクローバーが突く、AKB成功の罠

AKB総選挙をグローバルエリートが分析

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
ももクロと一緒に、ファーストレディーも、Zポーズ!(撮影:尾形文繁)

さて、AKB総選挙で指原さんが15万票を獲得し、1位になられた。心よりお祝い申し上げたい……と言いたいところだが、AKBの前途には明らかに、さまざまな困難が待ち受けている。というわけで今は総選挙が終わって数日経った6月11日、小雨降り注ぐフランスの彼方から親愛なる読者の皆様に、グローバル企業戦略の観点から見たAKBについて所感を書かせていただきたい。

“挑戦者”でなくなったAKBが直面する課題

まず前田敦子、篠田麻里子といった創世記からの人気メンバーが次々と抜け始めているのは、安倍なつみ、後藤真希脱退の穴を埋められず窮退したモーニング娘。を髣髴とさせる。勝手な予想をさせていただくと、現在のエースである大島優子さんの引退も近づいているだろう。

AKBが挑戦者だったときは、前田敦子さんなどが長期にエースとして君臨できたが、AKBがエスタブリッシュメントになってしまった今、“普通の女の子が上を目指す”というコンセプトを保つことが難しく、結果的にエースの回転率を高め、下克上ストーリーをAKB内部で再現することが重要になってくる。しかしこれに起因するアイドル回転率の高さ(入れ替えの速さ)は、中心的な横綱の安定性を望む保守的な日本市場の性向との矛盾にぶつかる。

長年、人気が続いたAKBは、過去のヒット曲との比較にもさいなまれるだろう。たとえば、AKBのコンセプトの中で出てきた既存の大ヒット曲を上回る曲を出すのは困難だ。これは少女時代に「ジニ―」や「Oh!」以降これは、というヒット曲がないこと、またKaraも「Lupin」などの全盛曲以降、大ヒットがないこと、また誰かさんの「グローバルエリートは見た!」も初期のコラム以外、全然人気がないことと共通している。

クオリティの一貫性がプロの証だが、出されるAKBの新曲のクオリティにもばらつきがみられて、高品質を保障できていない。実際のところ、2012年8月の「ギンガムチェック」以来、新曲の売り上げも着実に落ちている。

今後AKBはタレントの質、曲の質、そして”挑戦者”というコンセプトの持続性といったそのすべてで、今後、大きな困難にぶち当たるだろう。おニャン子クラブやモーニング娘など歴代人気アイドルグループの人気継続期間と比較しても、そろそろ潮時といった感じではないか。

次ページアイドル市場の統廃合
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング