88歳のタイ・プミポン国王、容体不安定に

血液透析を受けた後、容体が悪化

 10月10日、タイ王室庁は9日夜、プミポン国王(88)が血液透析を受けた後、容体が不安定になっているとする声明を発表した。写真はプミポン国王の回復を願うタイの人々、バンコクで9日撮影(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク 10日 ロイター] - タイ王室庁は9日夜、プミポン国王(88)が血液透析を受けた後、容体が不安定になっているとする声明を発表した。

王室庁が、国王の健康状態が安定していないことを発表するのは異例。

プミポン国王は、現在世界で在位期間が最も長い君主だが、近年は健康状態が悪化し、ここ1年はバンコク市内の病院に入院している。

王室庁は1日、国王が呼吸器感染から回復しつつあると発表していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。