名古屋には鉄道の「未来」がある

鉄道の過去・未来が名古屋にはある

くすぐられる”テツ心”

質問1「リニアの品川―名古屋間の所要時間は最短40分ということだが、各駅停車だと何分かかるのか」

回答「各駅停車の列車は途中駅で後続列車の通過待ちがあるので、仮に8分停車するとしたら、途中駅ごとに8分ずつ上乗せされることになる」。途中駅は4駅あるので、8分×4=32分上乗せ、つまり各駅停車の東京―名古屋間は1時間12分かかることになる(後日、JR東海の広報部から8分というのはあくまで仮置きの数字で決定しているわけではないという説明がありました)。

質問2「リニアは東京と名古屋をほぼ直線の286キロメートルで結んでいるので東海道新幹線の距離(366キロメートル)よりも短い。だとしたらリニアという新しい技術を使わなくても、リニアの軌道上に線路を敷いて最新の在来型新幹線を時速350キロメートルで走らせることができれば、距離も速度も現行よりも改善され、1時間かからずに東京―名古屋を結べるのではないか」

回答「リニアには40パーミルという急勾配の区間もある。リニアは時速500キロメートルで勾配区間を走れるが、車輪走行では急勾配を高速で登ることはできない」

リニア中央新幹線が東海道新幹線のバイパス目的であるなら、リニアにこだわらず在来型新幹線でもよいのではと思っていたが、リニアのほうがいいという回答だった。

質疑応答は予定の終了時刻を30分近く過ぎても続けられ、質問がほぼ出尽くしとなってようやく終了した。重要な問題はもちろんのこと、私のような好奇心にかられた質問まで真摯に答えていたJR東海の担当者の姿が印象的だった。

次ページ名古屋には未来の鉄道がたくさん!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。