JRの新車両はここが違う!

私が感じたデザイン、乗り心地の違い

企業同士、あるいは製品同士を何かにつけて「ライバル対決」の構図に持っていくのがマスコミの悪い癖。読者の興味を引きやすいし、ストーリーも組み立てやすい。ネタに困ると、つい安易な「ライバル対決」に走ってしまいます。勝手にライバル関係にされてしまう当の企業にとってはいい迷惑でしょうが。

JRのライバル関係?

最近でいえば、JR東日本とJR東海が相次いで投入した新型新幹線が「ライバル関係」になりました。3月16日に営業運転を開始したJR東日本の新幹線E6系は、著名デザイナーの奥山清行氏の手による真紅のデザイン。外観からして、いかにも「速い」という印象を与えます。

一方のJR東海は2月8日に営業運転を始めたN700A。現在の主力であるN700系を進化させ、地震時のブレーキ距離を大幅に短縮したり、ダイヤが乱れた場合に速やかに回復させる定速走行装置を導入したり、カーブ区間の乗り心地を快適にする車体傾斜装置の適用区間を拡大するなどレベルの高い技術を採用しているとのこと。

次ページ新車両の乗り心地は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。