宇宙戦艦ヤマト、新作の見所は?

庵野秀明氏も絶賛

「宇宙戦艦ヤマト」が32年ぶりにテレビの世界に帰ってきた。4月7日からMBS系列で放映されている「宇宙戦艦ヤマト2199」である。

ヤマトには過去、何度も“だまされて”きた。1977年公開の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』では、ヤマトがイスカンダルにたどり着いたら、テレビ版では生きていたはずのスターシャがなぜか死んでいた。劇場版がテレビ放映された際、「スターシャは死んでいるんだぜ」と中学校のクラスの友人に吹聴したら、なぜかそのシーンが差し替えられて、やっぱり生きていたので、友人からうそつき呼ばわりされた。

1978年夏に公開された『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、多くの乗組員たちが死んでしまうラストシーンに号泣した。だが、その年の秋に放映が始まったテレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2」では、死ぬはずの登場人物がぴんぴんしていて、「あのときの涙を返せ」と思ってしまった。

何度もリメイクされてきたヤマト

2009年に『宇宙戦艦ヤマト復活篇』が公開されたときは、久しぶりにテンションが上がった。エンディングに「第一部完」と大写しされたので、「こりゃ第二部があるのか」と思っていたが、今のところ公開はされていない。

その後、2010年公開の実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は面白いか面白くないかと友人と大激論(私は面白い派)の末、「ヤマト2199」という企画を耳にしたときには、正直、もうおなかいっぱいという感じがした。当初耳にした情報では、最新CGでヤマトが動き、キャラクターが現代風にアレンジされているといっても、ストーリーがオリジナルと同じなら、作ってもあまり意味がないと感じたのである。

次ページ今までとは違う!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。