スーパー編集者が『宇宙兄弟』の次に描く夢

新世代リーダー 佐渡島庸平 作家エージェント

佐渡島 庸平
コルク社長
佐渡島 庸平
1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごし、灘高校に進学。2002年に
東京大学文学部を卒業後、講談社に入社し、モーニング編集部で井上雄彦『バガボンド』、
安野モヨコ『さくらん』のサブ担当を務める。2003年に立ち上げた三田紀房『ドラゴン桜』は600万部のセールスを記録。小山宙哉『宇宙兄弟』も累計1000万部超のメガヒットに育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現する。伊坂幸太郎『モダンタイムス』、平野啓一郎『空白を満たしなさい』など小説連載も担当。12年10月、講談社を退社し、作家エージェント会社のコルクを創業

昨年10月、出版界にひとつのニュースが駆け巡った。マンガ界きってのトップ編集者が会社を辞め、作家エージェント会社を立ち上げたのだ。

その編集者の名は、佐渡島庸平。マンガ界に名を轟かす、有名人である。

佐渡島は、2002年に講談社に入社した後、一貫して『モーニング』編集部に所属。井上雄彦『バガボンド』、安野モヨコ『さくらん』のサブ担当を経て、03年には自らの東大受験経験を生かし、三田紀房『ドラゴン桜』をプロデュースした。さらには、小山宙哉の『宇宙兄弟』を、累計1000万部を超すメガヒットへと育て上げた。

佐渡島の起業は、2つの意味で驚きだった。講談社社員という恵まれた立場を捨て、起業したことがひとつ。そしてもうひとつは、作家エージェント業という、日本では耳慣れない業務をスタートしたことだ。

佐渡島は、出版界ではあまり見掛けないタイプといえる。チャラチャラした“業界人”タイプでも、カネのにおいが漂う“商売人”タイプでも、線の細い“優等生”タイプでもない。

質問に対する受け答えは、簡潔にして論理的。敏腕コンサルタントのように、ムダのない答えがテンポよく返ってくる。しかし、だからといって、冷たさや嫌みを感じさせるわけではない。その言葉には、沸き立つ情熱、そして何よりも作品に対する愛がにじみ出ている。

「鋭利な頭脳」と「ほとばしる情熱」と「作品への特大の愛」——この3つを兼ね備えた“スーパー編集者”は、どのようにして生まれたのか。そして、起業して何を成し遂げようとしているのか。まずは、彼が青年期を過ごした、南アフリカ時代からつづっていこう。

次ページ自宅を取り囲む有刺鉄線
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。