夢より自由。25万字の小説を書く異彩経営者

インテリジェンス創業者、鎌田和彦氏の好き嫌い(下)

楠木:さらに「ラール・エ・ラ・マニエール」というフレンチレストランを銀座でやっていらして、これも最前線系、手触り系を求めて始められたのですか?

鎌田和彦(かまた・かずひこ)
アート・クラフト・サイエンス代表取締役会長
1965年神奈川県生まれ。88年慶応義塾大学文学部卒業、リクルートコスモス(現・コスモスイニシア)に入社。89年宇野康秀氏らとともにインテリジェ ンスを設立。99年同社代表取締役社長に就任。JASDAQ上場を実現するほか、数々の事業を展開、M&Aの推進などで、同社の発展に貢献。 2008年同社を退任。2009年にアート・クラフト・サイエンスを設立。株式会社K&Aの代表取締役社長を兼務。著書に『奥さまはCEO』(牧野出版)がある。

鎌田:ワインが好きなのがきっかけです。こう言った段階で、すでにどこかのおやじになっちゃっていて危険ですけど(笑)。真実を言うと、仲がいいソムリエがいまして。ワインの話をしたがるやつってウザいじゃないですか(笑)。しかし当人からすれば、ワイン話を聞いてくれる人は、いい人ですよね。そのソムリエは僕のウザいワイン話をじっくり聞いてくれるわけです。「こうだよね」と得た知識を言うと、「そうですねえ」とうなずいてくれるから、いいやつだな、みたいな(笑)。その彼があるとき「レストランをやりたいんですよ」と言うから、ちょっと危険だなと思ったけれど話を聞いちゃったわけです。

楠木:いや、今のお話はすごくよくわかる。ワイン談義をしたがる人というのは、世間一般で言うと成功者じゃないですか。相手にお構いなしで一方的に話しますよ。鎌田さんには、それがない。「基本的に自分は相手に受け入れられない」と言うと語弊がありますが、そういう前提をお持ちのように感じています。その辺が僕が親近感を感じるところで、僕も世界は自分の思いどおりにならないし、都合がいい方向には行かないと思うほうです。自然に受け入れられると思っていない。だから一生懸命自分で共感を得に行く。

鎌田:僕、お仕着せが嫌いなのです。基本に、共感してもらいたいというのがあるのでしょうね。だから共感してもらおうとしすぎるきらいがあります。さっきの営業しすぎる話と同じで、社員を盛り上げたり鼓舞したりというのは、好きか嫌いかでいうとちょっと怪しいけれども得意だとは思います。なぜかというと、僕は共感を得に行っているから。相手が聞きたいことをちゃんと話せるところがあって、それが僕の得意なことだと思うし、営業でも明らかにそうです。

楠木:そうですか。その一方で、わんわん盛り上げてみんなの共感を得ながら、自分はちょっと醒めているところがあるでしょう。

鎌田:醒めていますよ。わんわん盛り上げていい会社にするって大変なことですから、醒めてるくらいじゃないと身が持たないんです(笑)。

次ページ25万字の小説を執筆
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。