失敗を重ねることで、「スタイル」が見つかる

元早稲田大学ラグビー部監督 中竹竜二氏に聞く(下)

「理想のリーダー」にはなれない――。
多くの新任マネジャーが感じているであろうこの思いを、意外にも大学4年生の時に名門早稲田大学ラグビー部のキャプテンを務めた中竹氏も抱いていた。足が遅くて、カリスマ性もない。そんな中竹氏が見いだした突破口は、「スタイル」だった。

(インタビューの(上)はこちら

スタイルの重要性に気づいたのは、学生時代、早稲田大学4年生でラグビー部キャプテンに就任した時のことでした。

世の中にはリーダーに対して完璧な理想像があります。しかし、私は子どもの頃からその「理想のリーダー」にはなれないと思っていました。足が遅くてプレーヤーとして突出していた訳ではないし、カリスマ性もありませんでした。

そんな私が早稲田のキャプテンとしてやったことは、その後提唱するようになるフォロワーシップと同じ。自分が引っ張っていくのではなく、メンバーが能力を発揮できるように心掛けました。もし私が世の中のイメージどおりの理想のキャプテン像を目指していたら、大失敗していたでしょう。

失敗を重ねることでスタイルが見つかる

人の能力にはバラツキがあります。だから、理想に向かって頑張るのではなく、今ある自分の能力をどうやって使いこなすかと考えた方がいいと思うのです。

次ページ「スタイル」を確立するためには?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。