夢より自由。25万字の小説を書く異彩経営者

インテリジェンス創業者、鎌田和彦氏の好き嫌い(下)

鎌田:僕、引退って考えたことがない。死ぬまで何かやろうとしているのかもしれません。23、4でインテリジェンスをスタートした頃は「絶対50で死ぬ」と思っていた。「毎日2~3時間しか寝ないし、ぐでんぐでんになってるんだから無理!」みたいな。僕は今年で48歳ですが、今のところは死ぬ予兆がないですよね(笑)。

このあたりからしても、何かをガッチリ思って、そこを目指して進んでいくことの限界がある気がする(笑)。だいたい、石川遼が子どもの頃からオーガスタで優勝すると書いていたとか、イチローが小学校の文集にプロ野球の選手になると書いていたという話を、素晴らしいと取り上げるケースがありますよね。

楠木:ありますね。夢を持て、夢を諦めるなと。

鎌田:そう。あれはどうかと思いますよ。そりゃあ、すごいと思うけれど、同じようなことを書いて達成できなかった人は何万人といるのに、そこには全然注目していない。それでイチローがすごいとか、遼君はすごいと言うのは何か違いますよ。「ゴール設定をして生きていかないとダメだ」という風潮が人生を狭めるし、計画にこだわりすぎると挫折に耐えられなくなっちゃう。夢というのかゴールというのか、そういうのを持つのは大事だと思うけれど、持たないからといってプレッシャーを感じる必要もない。「夢がない私はダメな人間」みたいな人がいますが、「そんなことないよ、俺もないけど」と伝えたいというのが、僕にはありますね。

楠木:それは僕も全面的に一致するところです。よしあしと言うよりは好き嫌いですけど。ガッチリ目標を置いて、努力して、自分の夢をあきらめなかったから今がある、という人もいっぱいいますけどね。

鎌田:そう。それはすばらしい。

楠木:ただ、僕はちょっとできないし、向いてない。ま、フツーの人は大体そうじゃないですか。だからこそ、好き嫌いをわかっているということはすごく重要だと思います。「自分はこっちが好きだから、今こういうことをやっている」という、自分についての理解はあったほうがいい。鎌田さんのなさっていることはほとんど予定外だし、これからもわからないけれども、好き嫌いの本線は変わってないとも言える。

鎌田:そうですねえ。見事に好き嫌いで生きているということでしょうね、僕の場合。

楠木:鎌田さんとは同世代ということもあって、ずいぶん長いことお付き合いが続いていますが、昔はこの年になったときに鎌田さんが今のようなこと、2つ目の起業として中古マンション再生の会社を経営しながら、ベーカリーとフレンチレストランをやって、長編ビジネスコメディを書いているなんてことは、まるで想像がつきませんでした。でも、こうして会って話していると、若い頃とまったく変わらない。好き嫌いというのはそういうものですね。これからも、お互い自分の好き嫌いに忠実にやっていきたいですね。あくまでも、「夢」を持たずに。

(構成:青木由美子、撮影:尾形文繁)

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
カカクコム<br>優良児のつまずき

食べログ、価格.comを運営するカカクコム。営業利益率は50%近い超優良児だ。今年2月に上場来初の業績下方修正を発表し、株価は低迷。クチコミビジネスが直面する課題に迫る。