マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

業績不振の日本マクドナルドホールディングス。これまで年間3億円以上の報酬を得てきた原田泳幸会長兼社長(写真。以下、原田社長)だが、前2012年12月期の役員報酬はどうやら、半減近くに落ち込むことになりそうだ。

役員報酬「合計」が4億円弱から2億円強に大幅減

日本マクドナルドの第42回定時株主総会が3月19日、東京国際フォーラムで開催される。その招集通知の記載から、原田社長の役員報酬が大幅減となることが見て取れる。

過去2期の有価証券報告書と今回の招集通知のデータをまとめると次のようになる。

【10年12月期】

役員報酬合計    3億4900万円

原田社長      3億2300万円

その他役員(人数)  2600万円(2人)

【11年12月期】

役員報酬合計    3億8900万円

原田社長      3億1700万円

その他役員(人数)  7200万円(3人)

【12年12月期】

役員報酬合計    2億2800万円

原田社長        ?

その他役員(人数)   ? (2人)

仮に、その他役員の報酬がゼロとしても、原田社長の役員報酬は2億2800万円となるため、11年12月期の3億1700万円と比べると、額にして8900万円、率にして28%が減少することになる。つまり最低でも、12年12月期の原田社長の役員報酬はこれだけ減るということだ。

次ページ試算では3億円強から、2億円弱に減額
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。