マクドナルド原田社長、役員報酬4割減か

総会招集通知からの試算では2億円弱に

業績不振の日本マクドナルドホールディングス。これまで年間3億円以上の報酬を得てきた原田泳幸会長兼社長(写真。以下、原田社長)だが、前2012年12月期の役員報酬はどうやら、半減近くに落ち込むことになりそうだ。

役員報酬「合計」が4億円弱から2億円強に大幅減

日本マクドナルドの第42回定時株主総会が3月19日、東京国際フォーラムで開催される。その招集通知の記載から、原田社長の役員報酬が大幅減となることが見て取れる。

過去2期の有価証券報告書と今回の招集通知のデータをまとめると次のようになる。

【10年12月期】

役員報酬合計    3億4900万円

原田社長      3億2300万円

その他役員(人数)  2600万円(2人)

【11年12月期】

役員報酬合計    3億8900万円

原田社長      3億1700万円

その他役員(人数)  7200万円(3人)

【12年12月期】

役員報酬合計    2億2800万円

原田社長        ?

その他役員(人数)   ? (2人)

仮に、その他役員の報酬がゼロとしても、原田社長の役員報酬は2億2800万円となるため、11年12月期の3億1700万円と比べると、額にして8900万円、率にして28%が減少することになる。つまり最低でも、12年12月期の原田社長の役員報酬はこれだけ減るということだ。

次ページ試算では3億円強から、2億円弱に減額
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。