マックバカ必須アイテム、ビッグマックの秘密

ビッグマックはマクドナルドを救う?

ビッグマック――。一般の消費者にとってはただの大きなハンバーガーだが、厨房で死ぬといってはばからなかったマックバカ現役クルーに愛の”喝”を入れるマックボスにとって、マクドナルドへの愛を語るうえで欠かせない食べ物と言える。そして普段は冷静な原田泳幸会長兼社長までも「好採算!」と連呼する戦略商品でもある。

マクドナルドの業績は苦戦が続いている。そのマクドナルドが業績改善の要として期待を寄せるのがビッグマックだ。1月にはビッグマックキャンペーンとして、商品を60秒以内に提供できればコーヒー無料券、できなかったらビッグマックなどの無料券を配る「ENJOY!60秒サービス」キャンペーンを展開した。また1月14日「成人の日」に、全国の新成人にビッグマック25万個を無料で配布し、ビッグマックをテーマにしたアート作品や自分なりの食べ方を募集する「ビッグマック・アワード」を実施している。今回はマックバカに欠かせないビッグマックを通じて、マクドナルドの商品開発に迫る。

ビッグマックが発売された1967年生まれの元サッカー日本代表の中山雅史さんも「母乳の代わりにビッグマックを食べて大きくなった」と溺愛ぶりを隠さない(撮影:今井康一)

ビッグマックの歴史は古い

ビッグマックの歴史は1967年のアメリカにさかのぼる。フランチャイズオーナーのジム・デリガッティ氏が大人向けの2段重ねのハンバーガーを考案。当時45セントでこのビッグマックを投入したところ売上高が10%以上増えたという。翌年にはアメリカの全店で販売されるようになり、日本でも1971年の創業当初から販売されている看板商品だ。

次ページビッグマックは芸人で言えば「定番ギャグ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。