ポケモンGO、タクシー運転手が新サービス

メキシコの運転手がアイデア商売

 7月15日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が「ポケモン・ハンター」と名付けたポケモン探しサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。写真はニューヨークで11日撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[メキシコ市 15日 ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の人気沸騰に目を付け、メキシコのタクシー運転手が11日から「ポケモン・ハンター」と名付けたサービスを始めた。すでに20件以上の配車依頼が寄せられている。

「ポケモンGO」は、プレーヤーが現実世界を実際に徒歩や車で移動しながらポケモンのキャラクターを探す。

ベラクルーズでタクシーを運転するエミリオ・カチョさん(29)はここに目を付け、プレーヤーを乗せてポケモン探しを行うサービスを始めた。ゲームアプリはメキシコではまだ公開されていないが、一部利用者がアクセス方法を見つけているという。

ポケモン探しの最初の1時間の料金は130ペソ(約750円)、以後1時間ごとに100ペソを課金するという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。