ポケモンGO人気に困っている人たちがいる

アウシュヴィッツ博物館の想いとは?

ポーランドにあるアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、敷地内で「ゲーム」をすることに警告を出し、これから訪れるであろうポケモンGOの波に備えている。

ポケモンGOは、ユーザーが現実の場所で、仮想のデジタルキャラクターを発見し、捕まえるスマートフォン上のゲーム。拡張現実(AR)という技術を活用している。

しかし、いくつかの特別な場所...たとえばポーランドのアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のような場所では、どのようなプレイヤーであっても、プレイを控えるように多くの人が望んでいる。

どんな種類のゲームもNG

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のスポークスマンであるバルトス・バーツェル氏は、敷地内では、どんな種類のゲームであっても許されるべきではない、と言う。「ここは、かつてのナチスドイツの死の収容所です。アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、単なる博物館であるだけでなく、何をおいても記憶しておくべき場所といえるでしょう。人々は歴史を知るために来るだけではなく、熟慮、内省、時には祈りのために来る場所です。この場所を、ゲームを楽しむ場所として扱うなんて、有り得ません」。

アメリカのホロコースト記念博物館は、ナチスの犠牲者にささげられた記念館で、このアプリをプレイすることは、「極めて不適切」であると述べていた。こうした似たような組織が、ゲームの場所として取り扱わないよういゲーム開発元に要求したのを見て、同氏も同じような要求を行った。

ポーランドにおいて、このアプリは、まだ正式にはリリースされていないが、果たしてどうなるだろうか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。