インフレターゲットで経済活性化はできない

インフレ期待が高まると名目金利が上昇する

安倍晋三内閣は、インフレターゲット(金融政策における物価上昇率目標)を、1%から2%に引き上げることを計画している。

諸外国でインフレターゲットを設定するのは、現実の高いインフレ率をターゲット値まで引き下げたいためだ(フィリピンだけが例外)。

しかし、日本では逆に、現実の低いインフレ率をターゲット値まで引き上げることが目的とされている。そうすることによって、経済活動が活性化するというのだ。

では、経済活性化は、どのようなメカニズムを介して実現するのだろうか? これについての説明は必ずしも明確ではないが、次の二つが考えられる場合が多い。

第一は、「実質利子率の低下を通じて投資支出が増加する」というものだ。この考えの基礎となっているのは、次の式だ(これは、「フィッシャー方程式」と呼ばれる)。

名目金利=実質金利+物価上昇率

最後の項の物価上昇率は、将来の予想値(期待値)である。そして、これが高まると、実質金利が低下し、投資が増えるというのである。

確かに、住宅ローンなどを固定金利で契約している場合には、左辺が固定されているので、物価上昇率(の予測値)が高くなれば実質金利は低下する。しかし、このローンは過去になされた住宅建設に係わるものなので、実質金利が低下しても、それで投資が増えるわけではない。

より重要な点は、経済全体で見れば、物価上昇率(の予測値)が変化した場合に変化するのは、実質金利でなく名目金利であることだ。経済全体の実質金利は、経済の諸条件で決まっており、物価上昇率によって影響されるものではない。

次ページ名目金利=実質金利+物価上昇率
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。