最速レビュー!新MacOSが誇る5つの進化点

Siri検索ではMacらしい機能を搭載

たとえば、iPhoneのレストラン検索アプリ(米国ではYelpなど)で、位置情報を生かしてレストランを検索したり、友人から共有された店を開いたとする。その店へのリンクを、Macで作成中だった「夕食会の招待状」に張り付けようとする際、今まではMacのSafariで再び検索して、YelpのURLを取得しなければならなかった。

「AirDrop」よりシンプルで使いやすい

ユニバーサルクリップボードでは、簡単だ。iPhoneのYelpアプリでその店のリンクをコピーして、Macで張り付け(Ctrl+V)すれば、瞬時にiPhoneのクリップボードの情報がMacに送られ、URLを張り付けることができるようになる。

これまで、AirDropというデバイス間で情報を転送する機能があったが、それよりも格段にシンプルで、活用しやすいマシン間の情報連携方法となった。

5. 操作方法が変わらなかったこと
前バージョンのOSと操作方法は変わらない

今回の新OSは、名称も「OS X」から「macOS」に改められ、iPhoneとの深い連携が施された。しかし、見落とされがちだが、ビジネス活用で最も大きく評価すべきは、基本的な操作方法に変更が加えられなかった点だ。

OSのメジャーバージョンアップには、新たな操作方法やユーザーインターフェースを魅力的にアピールすることも少なくない。しかしmacOS Sierraは、「OS X El Capitan(エルキャピタン)」が利用できれば、迷うことなく使うことができる。

筆者はMacと並行してWindows機も使っている。ここ数年、Windows 7、Windows 8、そして最新のWindows 10とアップデートを繰り返すごとに、その使い方が変わり、戸惑いを感じてきた。自分は新しいユーザーインターフェースに触れること自体に楽しさを感じるため、その戸惑いは「楽しい作業」でもある。しかし、ただ仕事をこなしたい人にとって、OSの進化で操作方法が大きく変わることは、歓迎できないだろう。

またOS X El Capitanの際もそうだったが、新OSを使うために、必ずしも新しいMacを購入する必要がない点も、評価できる。2015年の新OSを導入して、筆者の2012年モデルの古いMacBook Proが、今までよりも早く動作するようになった。

macOS Sierraへのアップデートでも、既存のMacユーザーは、操作方法や動作するマシンなどで生じる「体験の断絶」を経験することなく、スムーズな移行が可能だろう。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。