アマゾン本社へ行ってみた(下)

世界ブランドを輩出する街

米国シアトルにあるアマゾン本社訪問記の第2弾(第1弾はこちら)は、社員専用カフェテリアの紹介から始めよう。まだオープンから2年ほどしか経過していないため、実にきれい。シンプルなつくりは最近の高級ホテルのようだ。

カフェテリアへと続く廊下では「ブルームボール」が紹介されている。ブルームボールとは蝿叩きのようなスティックでエクササイズ用のボールを叩いて相手ゴールに入れ込むフィールドゲームで、アマゾン社員の公式競技のようなものらしい。

地元産品を活用した充実のメニュー

ちなみに、犬を徹底的に大事にするアマゾンだが、カフェテリアには犬連れでの入場はできない。そこは食品の衛生管理上、当然なのだろう。

では犬連れの場合には食事はどうずればいいのか。「外のレストランのテラス席を使ってもいいし、周辺にはいろいろな場所がありますから」(ロジャースさん)。確かに、困ることはまったくなさそうだ。

入り口付近には、ポテトチップスのようなおかしや甘い飲み物が並んでいる。スイーツもたくさんある。ここに入り浸っていると太ってしまいそうだ。

次ページ寿司コーナーを発見!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。