グーグル・ネクサス7、利益度外視の戦略は通用するか

国内でも熾烈な争い

グーグル・ネクサス7、利益度外視の高機能・低価格戦略は通用するか

「すばらしい製品が日本でも登場する」。そう言ってグーグルのエリック・シュミット会長は上着のポケットからタブレットを出し、高く掲げた。9月25日、グーグルは自社ブランドでは初のタブレット「Nexus7(ネクサス7)」の日本での発売を開始、都内で発表会を開催した。

ネクサス7の特長はアップルのiPad(アイパッド)にはない小型なサイズと割安な値段。ディスプレーの大きさは7インチでiPadよりも一回り小さく、340グラムと軽く片手で持てる。

価格は1万9800円でiPadの3万4200円よりも圧倒的に安い。だからといって安かろう悪かろうというわけではない。動画を見るには十分な高精細画面でカメラもついている。OSはアンドロイドの最新版、バージョン4.1・ジェリービーンを搭載。携帯電話回線には接続できないが、無線LANのエリア内でインターネットができる。すでに欧米、香港など9つの国と地域で販売されており、日本でも9月25日からグーグルのインターネットサイトで、10月2日からはビックカメラ、ヨドバシカメラなど家電量販店でも購入できる。

アップル追撃に採算割れの価格設定

日本の2011年度のタブレット出荷台数は243万台。アップルが第3世代のiPadを11年3月に投入したこともあり、前期比1.6倍のペースで増加している。市場シェアはiPadが56%を占め、2位のサムスン、3位のソニーは各8.5%程度。グーグルは、こうしたアップルの牙城を「小型」「低価格」を武器に一気に崩したい考えだ。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。