松下幸之助は、桃太郎で「役割分担」を説いた

猿とキジと犬がいなければ鬼退治はできない

松下幸之助は「従業員にいろいろな人がいないとあかん」とよく言っていた

もし人間が、みんな同じ顔をして、同じことしかしていなければ、これはそうとう気味が悪い。いろいろな人がいて、いろいろなことを考えて、いろいろなことをしているからいいのである。誰ひとり同じ人間はいない。百花繚乱という言葉があるが、それが自然の姿というものである。松下はよく、次のように言っていた。

「会社でもそうやな。従業員にいろいろな人がいないとあかんわけや。同じ人ばかりでは、全体として面白くない。それに会社としても強くなれない」

個性豊かな社員をどう活用していくか

この連載の一覧はこちら

経営をしていると、さまざまな問題が出てくる。そのさまざまな問題に対応するのには、一種類の人だけでは対応できない。いろいろな人がいるから、この問題は君がやってくれ、この問題は君が得意だ、という分担ができる。それで会社は強くなる。

「昔話で桃太郎というのがあるやろ。猿とキジと犬。みんな違うわね。違うから、それぞれの役割が生まれ、違うから鬼退治ができたわけやね。それと同じように、会社にもいろんな人がいないとあかんな。まあ、個性を持ったというか、特徴を持ったというか、そういう人の集まりにすることが大事といえるね」

個性豊かな社員たちをどう活用していくか、これが経営者の腕の見せどころである。個性豊かな社員をたくさん持ったら、組織がバラバラになるのではないか、と考える人がいる。しかし、そんなことはない。逆である。体験的に言って、むしろ個性的な人が多いほうがまとまりやすい。

次ページ障子はなぜ障子でいられるのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。