最新!売れ筋「ビジネス・経済書」ランキング

1位は「トヨタの強さの秘密」

(写真:Choreograph / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス書、経済書は何か。3月20~26日のアマゾンの売れ筋ランキングをみていこう。

トヨタはトヨタ生産方式で儲けているわけではない

1位は3月16日発売の『トヨタの強さの秘密』。これまでの"トヨタ本"は、かんばん方式に代表される工場経営の効率性と独創性に的を絞ったものが多かった。しかし、本書では、「トヨタはトヨタ生産方式で儲けているわけではない」と説く。では、なぜ儲けているのかといえば、非常にシンプル。「世界の人が『買いたくなる』クルマを設計しているから」だ。

例えは、アップルとの比較に及ぶ。アップルの製品がカリフォルニア州のクパチーノ本社で開発した設計情報をもとに中国などの委託工場で作られているように、トヨタの自動車は「三河」で設計された情報をもとに世界中のトヨタ工場で作られているのだという。そこにこそ、本当の強みがあることを丁寧に説明している。

2位は『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』。武蔵野社長の小山昇氏は、3日で108万円という社長研修を実施している。この研修プログラムは、小山氏の「かばん持ち」をしながら3日間で経営のエッセンスを現場で学ぶというもの。1日36万円という高額な研修費にもかかわらず、多くの社長が列をなしており、70人が1年待ちの状況だという。本書では、その人気研修で何が行われているのか、全貌を公開している。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。本を選ぶ上での参考にしてほしい。

次ページ1~50位はこちら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。