ベルギー警察当局、新たに6人の容疑者を逮捕

フランスでは攻撃計画阻止

 3月25日、ベルギーの首都ブリュッセルで22日発生した同時攻撃について、ベルギーの警察当局は新たに6人の容疑者を逮捕した。写真はブリュッセルのスカールベーク地区で家宅捜索する捜査員たち(2016年 ロイター/Christian Hartmann)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセルで22日発生した同時攻撃について、ベルギーの警察当局は新たに6人の容疑者を逮捕した。フランスでも、同国内での無差別攻撃を計画した疑いで、武力組織メンバー1人が逮捕された。

ベルギーの検察当局は24日、ブリュッセルのスカールベーク地区などで行われた家宅捜査で、今回の事件に関連して6人が新たに逮捕されたことを明らかにした。

少なくとも31人が犠牲となり約270人が負傷したベルギー同時攻撃では、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しており、欧州各国の治安機関は現在も警戒態勢を続けている。

同組織は昨年11月に発生し130人が死亡したパリ同時多発攻撃でも犯行を認めている。

フランスではカズヌーブ内相が24日夜、フランス国内で無差別攻撃を計画していた疑いで、武装組織メンバーのフランス国籍の人物を24日朝に逮捕したと明らかにした。

同内相は、逮捕により「計画が進んでいたフランスでの攻撃を未然に防いだ」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。