狙われたベルギー、「同時テロ」の一部始終

「十字軍同盟は暗黒の日々を迎える」とIS

 

3月22日午前、ベルギーの首都であると同時に「EUの首都」でもあるブリュッセルのザベンテム国際空港と地下鉄マルベーク駅で、同時爆発攻撃が発生した。事件発生時とその後の様子を撮影した写真の数々からは、緊迫した様子が伝わって来る。

このテロ攻撃による犠牲者数は、23日時点では確定していない。空港では死者が最低10人、負傷者は100人前後にのぼる。地下鉄マルベーク駅では死者20人、負傷者約130人と報じられている。

同時爆発の直後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表しており、当局は空港の監視カメラに映った3人の容疑者の写真を公開した。このうち2名が自爆死を遂げ1名が逃走しているとみられ、警察当局はその行方を捜している。

ISの犯行声明は「イスラム国に対する攻撃への代償として、十字軍同盟は暗黒の日々を迎えることを思い知らせる」というもの。ISと欧米諸国の"戦い"に外交的な落としどころはなく、双方が相手を潰すことを目指している。このままでは、報復の連鎖を止めることはできないだろう。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
巨艦 パナソニック 再浮上の条件

10兆円の売上目標撤回、今期は減益計画。加えて、津賀改革前より赤字事業が増加し、追加リストラは不可避の状況。パナソニックの復活劇に陰りが見える。停滞を打ち破れるか?

  • 新刊
  • ランキング