ネット通販「即日配送」の不都合な真実

超速便が思わぬ無駄を生んでいる

インターネットショッピングは便利だが、そのたびにたくさんの段ボール箱が使用されている(写真:Jim Wilso­n/The New York TImes­)

シリコンバレーの起業家、ルチート・ガーグは、頻繁にインターネット・ショッピングを利用している。だが、それはちょっと間違っているのではないかとも感じている。というのは、玄関先で荷物を受け取るたびに、罪悪感と苛立ちのもとと向き合うことになるからだ――段ボール箱だ。ガーグは一日に複数個を受け取ることもある。

配送された荷物を開くと、その中にはまるでロシア人形のマトリョーシカのように、箱の中にまた別の箱が入っていて、彼が購入した電気製品やデオドラント、洋服や食品を保護している。ガーグは箱をきちんとリサイクルしているが、それでも気になって最近ツイッターでその思いを言葉にした。

科学者や政治家の一部にも同じ疑問を持っている人がいて、社会における長期的な環境への影響を考えている。現代の経済はますます、人々の「すぐに手に入れたい」という気持ちに応えるようになっており、すると人々はちょっと欲しいと思うものでも、緊急に手に入れられると考えるようになる。

スピードを競うネット通販

商品を保護する目的とはいえ、かなりの量のダンボールが使用されている(写真:Jim Wilson/The New York TImes)

インターネット通販業者がいま競い合っているのは「スピード」だ。以前、フェデラルエクスプレスのコマーシャルでは「絶対に、どうしても翌日までに届けたい時に」と言っていたが、そのフレーズがまるで大昔の馬車時代のものに聞こえるような状況だ。

アマゾンは昨年12月に出したニュースリリースで、「これまでで最も速い配達」を自慢した。スターバックスのバニラ・カプチーノの4個パックを渇望していたマイアミの顧客に、品物を10分ちょうどで届けたという。

グーグル・エクスプレスは主要10地域で、玩具や医薬品、ハードウエアやペット用品など、数十の店舗から2時間弱で配達している。サンフランシスコの新興企業、ポストメイツは、1時間未満での配達を約束する。同社は12月には、100万個近くの荷物を配達した。

次ページ早く届くようになったが、その代償とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。