アマゾン、最強「買い物帝国」の知られざる姿

巨大な物流網は日系メーカーをも取り込む

(写真:Geoff Robinson Photography/REX /アフロ)

地球上で最も豊富な商品を提供し、地球上で最も顧客を大事にする――。

アマゾンは1995年に書籍販売サイトとして誕生して以来、ジェフ・ベゾス創業者兼CEOの指揮の下、ひたすらこの理念を追求してきた。1月28日に発表された2015年度決算は売上高1070億ドル(約12兆円、1ドル112円換算以下同)、年間利用者3億人となり、eコマース企業として前人未踏の規模へ到達した。3月5日号(2月29日発売)の週刊東洋経済『12兆円の巨大経済圏 アマゾン』 では、同社の全貌に迫っている。

成長の原動力は「アマゾン・プライム」

日に日にスケールを拡大させるアマゾンにとって、目下成長の原動力となっているのが有料会員制サービス「アマゾン・プライム」だ。2005年に米国で始まり今や世界8カ国で展開するこのサービスは、日本では2007年6月から始まっている。

週刊東洋経済3月5日号(2月29日発売)の特集は『アマゾン 12兆円の巨大経済圏』です。増殖する「買い物帝国」。その全貌に迫りました。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

プライムの強みは「 “食べ放題サービス(all-you-can-eat)”をトータルで提供している」(グレッグ・W・グリーリー米本社担当副社長)点にある。

世の中にネット上の使い放題サービスは多く存在するが、それらをほかのサービスと組み合わせ、トータルで提供しているものは少ない。アマゾン・プライムの場合は年会費3900円(日本の場合、米国では99ドル)を払えば、さまざまなサービスが使い放題の対象になるという特徴がある。

たとえば、対象商品であれば注文確定日から3日以内に商品が届く「お急ぎ便」と注文確定当日に商品が届く「当日お急ぎ便」。それぞれ1回につき360円、514円かかるが、プライム会員になれば使い放題だ。ほかにも定期購入サービス内で3品以上注文すれば15%割引になる「おまとめ割引」や、音楽聞き放題の「Prime Music(プライム・ミュージック)」、映像見放題の「プライム・ビデオ」なども利用対象だ。

次ページ巨額投資を支える“黒子役”
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
動画配信はテレビを救うか

民放各局が動画配信に進出。背景にあるのは視聴者のテレビ離れ。スマホに視聴時間を奪われている。テレビは縮小するのか。それとも、ネットから地上波への呼び込みに成功するのか。

  • 新刊
  • ランキング