青木&倉本会長は男子ツアーを再興できるか

過去のしがらみを捨てなければもう先はない

青木功会長(右から2人目)を囲むJGTOの新体制(日刊スポーツ/アフロ)

男子の2つのプロ団体の会長が決まった。1つは日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長が再任して2期目に入った。驚かせたのは、日本ゴルフツアー機構(JGTO)。男子レギュラーツアーを主管している団体は、青木功を会長に担ぎ出した。

青木に頼み込んだ選手会の危機意識

この連載の過去記事はこちら

前会長は海老沢勝二氏。続投の意欲満々と聞いていたが、この4年間で試合数や賞金総額、ギャラリー数や視聴率など数字の上では男子ツアーをさらに衰退させたこともあり、危機感にかられた選手会が青木を「三顧の礼」どころか、頻繁に会長就任のお願いに行き、生涯現役を旨としていた青木を翻意させたという。

これで、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長と合わせて、「プロゴルフ3団体の会長が実績のあるプロゴルファーになった。こうした団体の長に「名選手」がなるのは、賛否両論ある。

かつてはプロ野球で「名選手は必ずしも名監督にあらず」とよく言われた。組織運営や営業など、本業とは別の能力も必要だからだが、「協会の顔」としてはわかりやすいといえばわかりやすい。番付社会の日本相撲協会もほとんどの理事長は元横綱だ。

次ページ古くて新しい「PGAツアー」の呼称問題
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。