2016プロゴルフ、男女で明暗が分かれた理由

サラ金大会の再来があっていいのか

2016年のプロゴルフは男女で雰囲気が変わりそうだ(写真:digi009 / PIXTA)

なにかと忙しくなる師走という言葉どおり、2015年シーズンを終えたプロゴルフ界も、12月にはやれ表彰式だ、祝勝パーティーだと、イベントが目白押しだ。

確かに女子プロゴルファーが和服やドレス姿でメディアをにぎわすのもこの時期。そんな中で「明暗」がくっきりと分かれたシーンがあった。2016年度のプロゴルフツアーの日程発表を取材してみて、これまで以上に男女の雰囲気の違いを肌で感じたのだ。

止められない男子ツアーの衰退

この連載の過去記事はこちら

先に発表したのは男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)。日程発表に先立ち、小山和明競技運営部長が2015年を総括したが「入場者数は1試合当たり2000人減。視聴率も関東地区の日曜日で平均5・1%と0・3%減。厳しいと認識している。選手のアピール、スキルアップ、ファンサービスを盛り上げていくよう(海老沢勝二)会長から指示があった」と話した。男子ツアーが衰退の方向にまた進んだことに、「わかっちゃいるけど止められない」もどかしさを正直に明かし、打開策も見つけられずにいる。

その影響が来年の日程にも表れた。海老沢会長が日程発表数日前に公の場で「来年は28試合を予定している」とフライング発表したのだが、手元に配られた日程表では国内24試合、海外2試合の計26試合しかなかった。

当然「あと2試合は?」ということになるが、JGTOの説明は、現在4試合交渉中でまだ契約書にサインがされていないのだという。中身は国内、海外2試合ずつなので、全部サインしてもらえたら30試合になるものの、これには問題がある。

次ページ「今後の成り行きがはっきりしない」男子ツアー……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。