ゴルフ賞金女王イ・ボミ、圧倒的な強さの秘密

高校時代の「空白の1週間」に原点があった

スマイルキャンディの愛称で知られ、アイドルなみの人気を誇るイ・ボミ プロ
12月10日、本間ゴルフの酒田工場(山形県)はイ・ボミDAYだった。賞金女王祝賀セレモニーが開催され、記念パネルやお祝い品が贈呈された。その後はクラブテストが行われ、用意されたクラブを順々に試打したプロが感想を述べていく。メディアが殺到したのも無理はない。
年間7勝はそうそう達成できる数字ではないうえに、2015年の部門別成績をみても、獲得賞金のほか平均ストローク、パーオン率、平均パット数、パーセーブ率も1位と、圧倒的な強さをみせつけたのだ。そこで今回、イ・ボミ プロへのインタビューを中心に、その強さの秘密を探ってみたい。

 

 

――今年は悲願の賞金女王になり、素晴らしい記録を更新しました。となると、気になるのは2016年のシーズンです。祝賀セレモニーの席上で、今年の優勝回数は難しいと思うと言っていましたね。

今年安定していたのは本間のクラブのおかげだと思うし、新記録も達成できたのでうれしい。来シーズンの目標などに関しては、まだ考えているところです。ただ、今年はメジャー(公式戦)の優勝がなかったのが残念だったので、2016年はメジャーで優勝したい。今言えるのは、何勝したいというより、優勝したい。

大きな刺激になったライバルの存在

――今年の好成績は、結局5勝を挙げたテレサ・ルー(台湾)プロと競り合ったのがよかったのでは。

そうですね。テレサさんもどんどん優勝回数を増やしていました。テレサさんを上回りたいという気持ちがあったら7勝もできたし、獲得賞金も2億円を突破できたと思います。

開幕のころ、5勝を目指すと言っているのを横で聞いていて、厳しいだろうと思っていました。ツアーのレベルも上がっていますし。それが7勝。僕らもびっくりです。なんでこんなに強いのかとよく聞かれるんですが、「笑う門には福来る」という格言がありますよね。真剣勝負の中にあって難しいんだけど、たしかに彼女は笑顔が多い。それが幸運を呼ぶのかな。         
~専属キャディの清水重憲氏~
次ページアン・ソンジュプロと岩田寛プロ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。