貧富の差は歴然!プロゴルファーの年収事情

2014年賞金ランキングから読み解く

プロゴルファー間の「格差」は大きい(写真:マイルド / Imasia)

2014年のゴルフシーズンが終わった。例年のことだが、トーナメント終盤にがぜん注目されたのは「賞金王」「賞金女王」争いだ。

今年の日本の女子プロゴルフ賞金王はアン・ソンジュ(韓国)で1億5307万円。最終戦の日本シリーズで決めた男子プロゴルフ賞金王の小田孔明は1億3731万円だった。今年は女子賞金王が男子賞金王を金額で上回った。過去の動向を調べてみたら2003、2004年に不動裕理が男子を超えて以来の男女逆転だった。

これまで、日本ツアーだけでの獲得賞金の最高額は尾崎将司が1994年に稼いだ2億1546万円で、1996年と2度大台に乗せている。初めて1億円を突破したのは1985年の中嶋常幸で1億0160万円。女子では2000年に不動裕理が1億円を突破、最高は2009年横峯さくらの1億7501万円で2億円突破はいない。

莫大な賞金はプロゴルファーを目指す人や家族の「夢」や「目標」だろう。だからこそ、王座争いの注目度は高い。2014年に初めて男子賞金王になった小田孔明は、「賞金王にずっとなりたかった」と話した。では、日本のプロゴルファーは1年間にどれぐらい賞金を稼ぐのだろうか。

億を稼いだ男子プロは3人

2014年に男子で1億円以上を稼いだ選手は3人だった。対して女子は4人。ここでも逆転されている。ただ、女子は4人とも外国人選手(韓国3、台湾1)。円安なのはかわいそうだが、かなりの「円流失」でもある。

トップクラス以外の選手ではどうか。日本プロゴルフ協会の会員となっているプロゴルファーは5000人以上いる。プロゴルファーといっても稼ぎはさまざまだ。賞金ランクを詳しく見てみよう。

次ページ「格差」は大きい!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。