グローバル化は「1493年」から始まっていた

コロンブスの新大陸到達がもたらしたもの

コロンブスの大陸到達の影響は巡りめぐって現代世界にも?(写真:YNS / PIXTA)

タイトルの『1493』とは、コロンブスが新大陸から黄金の装身具やカラフルな鳥、先住民捕虜を携えてスペインへ帰国した年である。この年を境に、超大陸パンゲアが分裂してから2億年以上もの長きにわたって独自の生態系を育んだきた各大陸が、人類の手を介して再び出会うことになったのだ。

コロンブス以前には、どのような生物にも大陸間を結びつけることは不可能であり、それぞれの大陸は規模の大きなガラパゴスのような状態だったともいえる。

あまりにも大きく世界を変えた「コロンブス交換」

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

コロンブスの大陸到達を契機として何十億年も隔てられていた生態系が急激に混ざり合う過程は「コロンブス交換」といわれる。コロンブス交換の影響の大きさは、食卓にあがる料理にもあらわれている。この交換がなければ、トマトもトウモロコシもジャガイモも、アメリカ大陸を飛び出してあなたの口に入ることはなかった。

食物以外にも、本書ではマラリア、銀、タバコ、天然ゴムや奴隷などがどのように交換され、世界を変えたのかが明らかにされていく。「サイエンス」誌などにも寄稿するジャーナリストの著者は、これらの交換で中心的な役割を果たした多くの都市を実際に訪れ、コロンブス交換を過去の歴史としてではなく、現代世界にも大きな痕跡を残している現在進行形のものとして伝えてくれる。

次ページ交換は、生態系に不可逆的変化をもたらした
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。