安くて合理的な「団体定期」を知っていますか

ひとつだけ保険に入るなら?

保険商品として優れた「団体定期保険」とは?(写真:kou / PIXTA)

消費者にとって、ムダな保険商品が巷に溢れています。同じような状況は保険先進国の欧米でも見られますが、日本ほどではありません。消費者の「保険に対する考え方」が違うからです。欧米では「保険はできるだけ入らない」と考えますが、日本では「保険は入るもの」と多くの人が信じています。日本の保険会社は、消費者のこの保険マインドに付け込み、ムダな保険商品を次から次へと開発して売り続けています。

ところで、このような日本でも保険商品として優れた、おすすめできる保険があります。それが「団体定期保険」です。

団体定期保険とは?

この連載の過去記事はこちら

多くの企業が、従業員の福利厚生の一環として導入しています。企業によっては「グループ保険」とか、「団体定期Bグループ」とか呼ばれています。企業独自のネーミングがつけられているところもあります。プラン内容は大変シンプルなもので、1年毎に更新する掛捨ての死亡保険です。通常は年1回、職場内の回覧やイントラネットなどで加入募集が行われますので、「あぁ、あれか」と思い当たる方も多いと思います。

団体定期保険の最大の特徴は、何といっても徹底して「安い保険料」です。しかし、そのほかにも「シンプルなプラン」「手続きが簡便」「透明性が高い」など、保険としていくつも優れた点を兼ね備えています。その商品のよさを保険会社で働く社員はよく知っていますので、社員の多くが入っています。なかには、「保険は団体定期保険だけ入っていれば十分」、と考えている社員もいるほどです。

まず、なぜ保険料が安いのかをご説明しましょう。

次ページなぜ、団体保険は安いのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。