みんな知らない、NISAより断然スゴい制度

とてつもない「税」と「手数料」のメリット

NISAよりも「税」と「手数料」のメリットが大きいお得な制度があります。(写真:tsukat / PIXTA)
知らないと損する、経済とおかねの話。大手証券会社で、長年、個人の資産運用相談を担当し、接したお客様は3万人以上。さらに「経済や投資の基本テキスト」などのコンテンツを制作し、40万人以上に「経済とおかね」に関する授業を開催してきた大江英樹氏。
新入社員から、ファイナンシャルプランナーといったおかねの専門家に至るまで「これ以上ないくらい、わかりやすい」と評判の内容が、このたび『知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生』として書籍化されました。
本連載では、書籍では紹介しきれなかった、人生のここ一番の選択から、日々の買い物まで、あなたが人生で損をしないために知っておくべき「経済とおかね」の超基本の一部をお伝えします。

過去の連載一覧はこちら

投資にとって最大の敵はコスト

わかりやすいにもホドがある! あなたが人生で損をしないための「経済とおかね」の話。本書の刊行を記念してセミナーを開催いたします。詳しくはこちら

2014年から少額投資非課税制度(通称NISA)が登場しました。名前の示すとおり、年間一定の金額(今年からは120万円)までであれば、投資をした場合に得られる収益に税金がまったくかからないという制度です。この制度はさまざまな制約はあるものの、基本的にはとても良い制度です。なぜかと言うと、税金がかからないというのは、投資にとっては最高のメリットだからです。

そもそも投資にとって最大の敵はコストです。投資におけるコストとは何かというと、税金と手数料です。なぜなら、投資することで得られるリターン(=儲け)は不確実ですが、コストは確実だからです。コストは一定の割合で決まっていますから、いくら儲けがあってもその分だけ利益は確実に減ります。

手数料は儲かろうが損しようが関係なく取られます。税金の場合は儲かった場合しかかかりませんが、利益の20%が税金として差し引かれます。そんな、投資の最大の敵のひとつである税金が、いくら儲かってもまったくかからないということですから、これはとても良い制度に違いありません。

次ページNISAは万能ではない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。