エンジニアにとってキリの良い数字は?

10とか20ではない!

ぼへちゃんの会社では、社内で技術についての勉強会を開くのが活発なようです。ITの世界は日進月歩。つねに新しい技術が発表されています。範囲が広くて、スピードも速い。すべてを個人で勉強していくのは無理です。そのため、ひとりひとり、それぞれ興味を持った分野に限って勉強し、それをみんなで教えあう勉強会が、この世界ではたくさん開かれています。

今年の勉強会、年に何回ぐらいやりたいか、皆に聞いてみたところ、8回、16回、32回と、半端な数が返ってきます。普通は週1回とか年10回とかキリのいい数字が返ってきてもいいものなのですが、なぜでしょうか。

「だってITの世界でキリのいい数字って2のべき乗でしょ」

そうなんです。コンピュータはわれわれが普段使っている10進数ではなく、2進数で動いているんです。2進数での “10” は 10進数では “2”、“100” は “4”、“1000” は “8” です。そう、2進数でのキリのいい数字は、2のべき乗なのです。

ぼへちゃんの同僚は皆エンジニア。皆にとってのキリのいい数字は当然2のべき乗なのですが、まあ、エンジニアとはいえ、10や20もキリのいい数字という感覚は当然持っているので、単に面白がって言っているだけのようですけど。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。