エンジニアは、なぜか独り言の声が大きい

画面に向かって話をしている人いませんか

会社の業務システムなどを担当するシステムエンジニアというと、大声で話さず、物静かなイメージがあるのでは? ところが、独り言がものすごく大きい人もいます。心の声が、なぜか漏れてしまうようなのです。

画面を見ながら「おっしゃ動いた!」「なんで動かないんだ~」「ありえない、まじかー」という悲痛な声(時々は歓喜の声)をあげている人がけっこう多いのです。

自席で画面を見ながらであればまだいいのですが、ぼへちゃんが新しいプロジェクトの打ち合わせをしているときに、驚くべき独り言が・・・。

「ここの仕様は、正しくはAからBにデータが渡るようになっています」と説明をしていたところ、なんと「うそくせー」という声が飛んできました。

正しい仕様なのに、どうしてそんなことを言うんだろうと思ったのですが、一緒に打ち合わせをしていたメンバーの独り言だったようです。

彼が見ていたサイトの仕様の説明がどうも、胡散臭かったようです。独り言が、タイムリーに会話にはまるとびっくりします。多少の独り言は構いませんが、ちょっとボリュームを控えめにしましょうね。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。