エンジニアにとって、電子書籍は敵か味方か

「技術書は重い」という言い訳は通じなくなる

「新年の決意」の回で、ぼへちゃんがたくさん買った本を見かねて、だんなくんが「読まないんだったら、買っちゃダメ」って言っています。

それに対して、ぼへちゃんは、技術書は重くて持ち歩けないから、ちょっとした時間に読むことができない、と言い訳をしています。

確かに、技術書は分厚くて重い。便利な言い訳です。

ところが、その言い訳はもう通用しなくなりました。だんなくんが、アップルのiPad Proをぼへちゃん用に買ってくれたのです。iPad Proは画面も広くて、読みやすい。さらに技術書と違って持ち歩きやすいのです。

さっそくぼへちゃん、電子書籍でいっぱい購入したようです。これさえあればスキマ時間に、いつでも、どこでも読めるはず。ところが、読み始めたと思ったらすぐに眠くなってしまうようで、結局は読み進められないようです。

どれだけ便利なIT機器がでてきても、それを使うのは人。人だって進化しないと大変なのです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?